ワキガになる原因

わきが用デオドラント

メニュー

ワキガの原因を知る

口臭と並んで日本人は気にしやすい「脇の嫌なニオイ」

日本人のわきが体質は約10%〜15%と言われています。昔はもっと少ないと言われていましたが食生活の欧州化によって徐々に増えつつあります。

また汗のニオイのワキ臭をわきがと勘違いする方も多いです。根本的にワキガとワキ臭ではニオイの原因が異なります。

まずワキガの原因を知る前には汗を分泌する汗腺について知っておく必要があります。

汗臭さを出すエクリン腺

エクリン腺と呼ばれる汗腺は体中にある汗腺です。そして汗臭さの発生源となります。この汗腺から分泌される汗の成分は99%以上が水と言われています。

サラッとした汗でエクリン腺から分泌される汗はワキガ臭は放ちません。

ワキガ臭を出すアポクリン腺

ワキガの原因となるのがアポクリン腺から分泌される汗です。アポクリン腺は特定の場所にあり、「脇の下、おへそ、耳の裏、性器、肛門」などに存在する汗腺となります。

アポクリン腺から分泌される汗の成分は糖質、脂質、アンモニアなどが主成分です。そしてエクリン腺の汗よりも粘土が高く、ネバっとした汗が特徴的です。

ワキガの原因はアポクリン汗腺

ワキガの原因となっているのはアポクリン腺から分泌される汗が皮脂などと混ざり合い発酵されることで異臭を放ちます。

ワキガを治すにはアポクリン腺を取り除くことが根本的な解決になります。

ワキガを治すには2つの方法があります。また軽度と重度によって取る対策も変わってくるので自分のワキガ臭の程度を知っておくことが大切です。

手術で治す

手術ではアポクリン腺を除去できるので根本的な解決をすることができます。こちらは重度なワキガ臭の方にお勧め。

一時的な治療で効率的に抑える

軽度、中度のワキガであれば一時的な治療を複数行うことによってワキガ臭を抑えることができます。デオドラントもその一時的な治療方法の一種です。

手術でアポクリン腺を除去すると費用や肌にメスを入れることになるので抵抗がある人も多いです。そこで軽度、中度であれば自分でできる治療を行うことで大きく改善をさせることができます。

MENU