脱毛 ワキガ

わきが用デオドラント

メニュー

ワキ毛があるとワキ臭が強くなる

ワキの脱毛を行うことワキガ臭を抑えることができます。理由としてはワキ毛があると細菌が繁殖しやすくアポクリン汗と混じり合い、ワキ臭が強くなる傾向があるから。

根本的な解決としてはアポクリン汗腺を手術によって取り除くことが良いですが、軽度、中度のワキガ臭であれば脱毛によってニオイの程度を抑えることが可能とされています。

ただしエステで行われているような一般的な脱毛ではなく、ワキガに良い脱毛というのはあります。一般的なエステ脱毛では刺激を与えてしまい逆にニオイが強くなった人もいるようです。

ワキガ対策にお勧めの脱毛方法

電気凝固法

電気脱毛とも呼ばれており、半永久的な脱毛であり毛根と一緒にアポクリン腺、皮脂腺にアプローチすることができます。針を指して電気を通すことによって組織を熱で凝固させる方法。

ただし毛根が復活したり周りの汗腺が再度できるなどの不確実性もあると言われています。傷跡等も残らない方法なのでワキ脱毛と一緒に防臭対策もしたいといった方にお勧め。軽度のワキガ体質であれば十分な実感力もあるとされています。

医療レーザー脱毛

医療クリニックなどで行われている脱毛法です。出力の強いレーザーをあてることによってワキ毛を脱毛すると共にアポクリン腺、皮脂腺にダメージを与えることができます。

クリニックによってはワキの黒ずみ、傷跡等の改善にも利用されている方法です。

脱毛すると脇汗が酷くなるって本当?

ワキ臭対策のために脱毛を検討している人も調べるとワキ汗が多くなるといった書き込みを見て不安を覚える方も多いのではないでしょうか。

個人差はありますが、脇汗が増えるケースも存在します。ただしアポクリン腺がしっかりとダメージを受けていればワキガを放つ汗ではなく、エクリン汗腺から分泌される汗なので嫌なニオイにはなりません。

毛穴から毛がなくなれば分泌される汗の量は一時的に増えますが思い込みといった部分も多いようです。毛がなくなったことで「ぬるつき」を感じやすくなったりワキからツーと流れたりするので脇汗が増えた気になるケースもあります。

脱毛したら制汗剤を活用

脇汗がたくさん出たら制汗剤で抑えるの一般的です。ただしスプレータイプよりも持続性が高いクリームなどの塗る制汗剤を使った方が汗を止めることができます。

同時に一時的にニオイもキツくなったように感じた場合はワキガではなく、毛穴の周りにある皮脂、垢などと汗が混じって臭くなっているケースがあります。

脱毛後は安心しないで肌を清潔に保つことが大切です。

MENU